SECURITY 情報セキュリティに関する方針

TOP > 自販連東京都支部の概要 > 情報セキュリティに関する方針
 
一般社団法人日本自動車販売協会連合会東京都支部(以下「自販連東京都支部」という)は、会員販社様はもとより、自販連東京都支部のサービス及び活動に関わる全ての方々が円滑に業務を遂行され、さらには、満足・納得できる信頼と安心されることを目標とする。

【行動指針】

  1. 情報セキュリティに関する法令、国が定める指針、契約上の義務を遵守する。
  2. 情報資産の機密性、完全性、可用性を確実に保護するため組織的、技術的に適切な対策を講じるとともに、変化する情報技術や新たな脅威に適確かつ迅速に対応する。
  3. 全社員(パート等含む)に情報セキュリティ対策及び内容について、教育・研修の実施をはかり、意識の高揚・維持に務める。
  4. マネジメントシステム及び情報セキュリティに関する明確な目的を設定し、定期的にレビューし、継続的に改善を実施し、維持する。
  5. マネジメントシステムを確実に実行・維持・改善して行くために、管理責任者に責任と権限を委譲する。
  6. 情報セキュリティの事故及び漏洩を未然に予防する措置を常日頃から確実に実践する。また、万一の事故等発生時には、迅速な対応を行うとともに、原因の調査究明を行い、再発防止の是正措置を講ずる。
  7. 情報セキュリティの実施状況について、管理責任者は、定期的な点検を実施し、必要に応じて情報セキュリティに関する監査を実施する。
  8. 外部に重要な情報を委託する場合は、当該情報の安全管理の徹底を図るよう厳格な指導及び監督を行う。
 
一般社団法人日本自動車販売協会連合会東京都支部
専務理事 髙橋哲哉
2022年8月1日制定